アレルギー性鼻炎の対策のいろいろ

ネコとピーマンのアレルギーとは?

ネコが好きだけれども、ネコアレルギーという人もいます。その場合、残念ながらペットとして飼うのは難しいでしょう。
なぜなら、ネコの近くにいるだけで症状が出ることもあるからです。主に、くしゃみ、鼻水、咳といった風邪に似た症状があらわれます。目に水ぶくれができたり、充血するような症状が出ることもあります。
ネコアレルギーの原因は、ヒスタミンという化学物質です。
アレルゲンは現在のところ8種類知られていて、極めて小さいのが特徴です。花粉や埃よりも小さく、10分の1程度のサイズです。そのため、ネコがいる場合は部屋のあちこちにアレルゲンが飛び散ってしまいます。
ネコだけではなく、ライオンやトラといったネコ科の動物にまで反応してしまうこともあると言われています。動物園で猛獣館に行ったら症状が出たという場合には、可能性が高いでしょう。このアレルゲンはセクレトグロビンと呼ばれるもので、患者の約90%がこのアレルゲンに反応を示すと言われています。
食物では、ピーマンアレルギーがあります。緑色だけではなく、赤や黄色のピーマンの、さらにはピーマンと同じ分類のししとうでもアレルギーが起こることがあります。
症状として多いのは、胃痛、胃もたれ、下痢、嘔吐、といった消化器系のものです。
あまり知られていないアレルギーですが、食べた後にいつも前述のような症状が出るようならば、内科や消化器内科、アレルギー科を受診してみるようにしましょう。
アレルギーは子供に出やすいですが、ピーマンアレルギーが知られていないのはピーマンを好んで食べる子どもは少ないからかもしれません。
基本的にはピーマンを食事から除去する除去食を行い、経過をみていきます。