アレルギー性鼻炎の対策のいろいろ

アレルギー性鼻炎と点鼻薬は相性が悪い?

アレルギー性鼻炎は、なんらかのアレルギー物質によって鼻水や鼻づまり、鼻の粘膜の炎症などを引き起こす症状のことです。代表的な原因として花粉が挙げられますが、ほかにもペットの毛や食べ物などで症状が出る人もいます。体が特定の物質に対して拒絶反応を起こすことが原因であり、多くのケースで鼻炎以外の症状もあらわれます。例えば目の痒み、蕁麻疹などが多く、これらの症状を総合的に抑えるために内服薬を処方されるのが一般的です。しかし、アレルギー症状が鼻炎だけに集中する人もおり、そういう患者には点鼻薬が有効です。点鼻薬にも成分によってさまざまな種類があり、人によって相性があります。1つの点鼻薬を使っても効果がない場合、点鼻薬全体を否定するのではなく、違う成分の点鼻薬を試してみるべきです。少なくとも鼻炎の症状に関しては、内服薬よりもピンポイントで効果を期待できるお薬です。アレルギー性鼻炎の点鼻薬として多く使われるのは、坑ヒスタミン薬を主成分としたものです。くしゃみや鼻水といった症状は、主に花粉やペットの毛など、アレルギーの原因物質が体内に入り、体内にヒスタミンという化学物質が生成されることによって引き起こされます。このヒスタミンの生成を抑えることで症状を緩和する仕組みです。内服薬も坑ヒスタミン薬ですが、点鼻薬は症状が出ている箇所に局所的に用いることで、副作用を抑えられるメリットがあります。坑ヒスタミン薬の副作用とは眠気や倦怠感などで、服用後は車の運転などを控えるのが望ましいとされています。点鼻薬も粘膜を通して成分が多少は体内に入り込むため、このような副作用がまったくないとは言い切れません。しかし、内服薬に比べると大幅に軽減できます。